カテゴリ:CO2( 3 )
キャビネット
d0046819_2331427.jpg
あまり見せたくはないのですが、キャビネットの中身です。
エーハイム2213とサブフィルターを使用し、ジャレコのCO2ミキサーで二酸化炭素を添加しています。
本来ならステンレスで統一したいところですが・・・・。みなさん分かってくれるよね!
d0046819_2392383.jpg
ジャレコのCO2ミキサーは、極力、水槽内に邪魔な物は入れないと言うスタンスだったので使用していますが、CO2の拡散率はいまいちです。私はパレングラスを使用したことがないので、比較できませんが、パレングラスのほうが効率的な気がします。あのCO2のホースがなかったらなぁ
by jh021190 | 2006-05-19 23:13 | CO2
只今発酵中!!
いつもどおりに家に帰った私は小さな水槽に直行しました。
すると、昨日までは発酵式装置からは少ししか出ていなかった
CO2がしゅわぁ~。と音を立てながら恐ろしい量が放出されていました。
d0046819_9392480.jpg

しかし、赤えびは全員無事のようで、私の心配していた程、酸欠もなんのそので
元気にしています。
水草は今まで見た事もないような位に気泡を出しまくり、
時よりなぜか地面のソイルからもでかい泡がボコっと出ているしまつ。
改めて発酵式のランニングコスト面での価値を再発見!!
それはそうと、昨日小さな水槽に入っていた流木を撤去しました。
d0046819_9395214.jpg

理由は、モスと流木にトロロのような青ミドロが繁殖してきた為と
すぐ流木の影に隠れてしまう赤えびを観察しやすくするためです。
(これで彼らも、かくれんぼ以外の遊びを見つける事でしょう)
それに流木の後ろのヴァリスネリア・ナナも最初は5株〔198円〕だった物が
知らない間にだいぶ株を増やしています。
d0046819_9401560.jpg

安い水草ほど良くふえる。だから安いのか・・・。
by jh021190 | 2005-06-04 09:42 | CO2
純米酒造り!?
これからの季節は旨い酒にかぎる。
と言うことで、今日はjh021190の酒造りを紹介します。
というのは冗談で、昨日皆様から発酵式のCO2添加装置についての
良いアドバイスを賜り、何事も思い立ったら直ぐ行動がもっとう?の私は
ホームセンターに行き、逆流防止弁とシリコンチューブとCO2ストーンなどを購入し
次に、スーパーのケーキ手作りコーナーより、ゼラチン粉とドライイーストを購入しました。
だいの大人の男がゼラチン粉とドライイーストを購入する、この恥ずかしさ。
レジのおねえちゃんは、私のことを変な人だと思ったろうなぁ。などと考えながら帰宅し、
さっそく作業に取り掛かります。
d0046819_1210376.jpg

これまで、ガンプラでつちかって来た技と道具を活用し、
まず、2リットル(大きすぎたかも)ペットボトルの蓋に
ドリルであなを開けます。
穴を少しきつめに開け、そこに金属のバルブ(150円)を差込、空気が漏れないように
ボンドで接着しました。
(すごいボンドくさいです。エビは大丈夫でしょうか?)
d0046819_12105433.jpg

次に、鍋に水を入れゼラチンと砂糖をどっさり投入し、沸騰しない程度に温め溶かします
ゼラチンが溶けたのを確認後、ペットボトルに投入!
あまりのゼリーは、美味しく頂きました(笑)
とか何とかしながら、冷蔵庫ヘ!!
d0046819_1215484.jpg

ゼラチンが固まっている隙に、さっき製作していたペットボトルの蓋に
シリコンチューブと逆流防止弁さらにCO2ストーンをつなげ、スタンバイ
d0046819_12193622.jpg

うーん。自分なりに良い手さばきand一連の流れです!
4時間後、ゼリーが固まったので冷蔵庫から取り出し、
そこに水とドライイーストを少量投下。(アムロ菌いきま~~す!)
d0046819_12243177.jpg

翌朝(今日2日)ぶくぶくしていましたので、キャップをセットし
水槽にスタンバイします。
d0046819_12254538.jpg

写真では見にくいですが、少しだけCO2らしきもの(未確認)が出ています
d0046819_12272456.jpg

こんかい、カウンターまでは製作する時間がなかったので
C02の出方は酵母菌にお任せします。
たのみますからエビだけは殺さないでよ!
少し不安はありますが、ちゃんとしたCO2添加装置を購入するまで
パン屋さんの香りを楽しみたいと思います(笑)
d0046819_12315721.jpg

by jh021190 | 2005-06-02 12:31 | CO2