設置編
昨日の記事でも紹介しましたが、60cm水槽を新たに購入してしまいました。今日は、その設置までを振り返ります。まず、購入しました水槽は枠なしのエーハイムのフィルターとセットのやつで、お値段も格安です。はじめはADAさん水槽のクリアタイプを購入しまして、スタイリッシュにしようと目論みましたが、クリアタイプ水槽、ガーデンスタンド、ライトリフト、ソーラーⅡ、フィルター、etc、と購入しますと、楽に1カ月のバイトの給料が飛ぶことが判明し、あえなく断念。今回は、低価格で、できる限り綺麗なアクアリウムを作ることにしました。ちなみに60cm水槽に入れる生き物はエビです(笑)ユタんぽさん、期待に答えられなくて、すみませんです(汗)
早速ですが、水槽にアクアスクリーンを張りましょう。今回は青色(透明ではないです)をチョイス!!
d0046819_9575198.jpg

まずは、用意するものとして、カッターと霧吹きと定規など。最初に石鹸水を作り霧吹きで水槽とアクアスクリーンに降りかけます。次に水槽にスクリーンを載せ、挟まっている空気と石鹸水を定規などを使い、外側に押し出します。最後に乾いたら、カッターではみ出した部分を切る。これでスクリーン張りは、おしマイ~ケル。
次に、ホームセンタで購入し、軽トラをレンタルして家まで運んだ水槽台を、ちゃちゃっと組み立て部屋に設置するスペースを無理やり確保しまして、水槽を載せました。ど~~ん!
d0046819_1062327.jpg

やばい(驚)かっこいいかも!なんか良い感じになってきましたよ!
それにしても、60水槽って、こんなに大きかったっけ・・・。やはり枠なし水槽は大きく感じる。
そして、設置も済んだところで、次にレイアウトの計画を確認します。
d0046819_1011432.jpg

注文する前からAJや水草の本と格闘し、あ~でもない、こ~でもないと永遠に悩みましたが、今回は石組みレイアウトに決定しました。左側の水槽を参考にしつつ、グロッソの生育がCO2と光量などの面から見て、生育困難と判断したので、モスに変更し、手前に化粧砂を使用してみることに。飼育する生物がエビなので、結果はOKですね。
さて、次にレイアウト編を書こうと思いましたが、バイトの時間が迫っているので、また今度。引っ張りますよ(笑)
by jh021190 | 2005-07-20 10:27 | 60水槽


<< レイアウト前編 またまた >>